将棋会館移転について

日本将棋連盟の通常総会が6月に開かれました。
東京・千駄ヶ谷の将棋会館移転案について、(1)東京23区内で候補地を公募する(2)JR千駄ヶ谷駅近くにある商用施設を部分保有もしくは賃借する、という2案が提示され、棋士らの投票の結果、JR千駄ヶ谷駅近くのビルに移転する方針に決まりました。
移転先の千駄ヶ谷のビルは、東証一部上場大手不動産会社のヒューリックが保有し建て替えを予定するビルになります。

この結果ですが、私の感覚からすると不思議な結果となっておりました。
なぜならならば、将棋会館の移転先は、今後50年~150年に渡り将棋界の発展に強く影響する決断になります。
したがって、まずは、「広い視野」で移転先候補を探しだすのが自然であり、東京23区内で候補地を公募するのが当然の次の一手かと思っていました。
今や藤井ブームに沸く将棋界ですから、東京23区内の各地域から良い提案が出てくる可能性は高いと考えます。
実際、私は東京23区内の有力な区が誘致したい旨を数ケ月前に聞いておりました。
ヒューリックが建て替えを予定するビルにいきなり移転するという結論を出してしまうのは、大切な物事を決定する順番において正しくない可能性があります。

また、公募して選定した結果として、現在地近くの千駄ヶ谷のビルに移転するのがベストという判断になるならば、多くの棋士の先生方、将棋会館の職員の方々、将棋ファンにとっても納得感が高いのではないかと思うのです。

 

ただし、ともあれ決まった結果でありますから、将棋界の更なる発展のために、今後は新将棋会館の運用面において十分なプランを練って頂ければ有難いと思っています。
新将棋会館の一角においしい珈琲が飲める静かな場所が欲しいですね。そして将棋を指しながらおいしい珈琲が飲めると嬉しいと思っています。

 

鷺宮将棋サロン会長